ミネラル

ミネラル

必須ミネラル

塩素(Cl)

塩素は、漂白剤やプールの消毒剤などのイメージが強いですが、人体にとっても必要な必須ミネラルの一つで、食塩としてナトリウムと共に摂取されます。

ミネラルとしての塩素は、タンパク質の消化を助ける酵素のペプシンを活性化し、胃液として胃の中のpH値を最低に整えて殺菌し、消化に働く酵素の分泌促進や、血液中の酸とアルカリのバランス調節、肝臓の機能を助け、体内の老廃物を除去する働きをしています。

塩素は過剰に摂取しても汗や尿として排出される為特に問題はありませんが、塩素が不足した場合、胃液の酸度が低下して食欲不振や消化不良を引き起こしますが、ナトリウムと同様塩分として摂取される為、過剰摂取にはなっても不足する事はほぼありえません。

また塩素は体外にすぐ排出され問題はなく、塩分の取り過ぎによる人体への悪影響はナトリウムによるものです。

塩素は過剰摂取しても大した害はなく、普段の生活で不足する事もないので1日の摂取量は特に定められていません。

ただし塩素を含む水道水やプールの水などを慢性的に摂取し続けると、腸内細菌の繁殖状態が悪くなり、お腹を壊したり、肌が荒れる事があると指摘されています。

日常生活で塩分不足になる事はほとんどありませんが、拷問の一種に塩抜きの食事をするものがあり、塩分が不足するとやる気が無くなって無気力状態になり、思考力や運動能力の低下、また細菌などの殺菌力が落ちて感染しやすくなるとされています。減塩は大切ですが何事も適度が重要です。

Copyright (C) ミネラル紹介サイト All Rights Reserved  プライバシーポリシー | お問合わせ