ミネラル

ミネラル

必須ミネラル

カリウム(K)

カリウムは食塩などの過剰摂取により、体内に増えすぎた高血圧の原因となるナトリウムを体外に排出し生命活動を維持する重要なミネラルです。

カリウムはそのほとんどが細胞内液に存在しナトリウムと共に、水分を引きつけて細胞の浸透圧を維持し心機能や筋肉機能を維持しています。 筋肉細胞に60%があり、ほかに骨、脳や肝臓、心臓、また腎臓などに多く存在しています。

カリウムは過剰摂取すると腎臓の機能障害や、カルシウムの排泄障害を起こしますが健康な人は尿や汗として排出されるので問題はなく、高血圧を招くナトリウムの過剰摂取の方が懸念されており、現代の日本の食生活においてナトリウムを1日の摂取規定量内に収める事が困難なのでナトリウムの排出を促すカリウムを積極的に採る事が望ましいとされています。

ナトリウムの排出を促して高血圧を予防するだけでなく、カリウムはナトリウムと協力して細胞内外液の浸透圧を維持する働きがあります。

細胞内外液の浸透圧が一定に保たれる事で筋肉が収縮し活動ができますが、細胞内液多く存在するカリウムと、細胞外液に多く存在するナトリウムのバランスが崩れると、濃度の濃い方へ細胞液が移動し細胞が収縮してしびれ等の症状が現れます。

カリウムの1日の摂取量は1600~2000mgですが、カリウムは野菜や肉類に満遍なく含まれているので不足する事はほとんどありません。パセリや煮干し、黄粉には特に豊富に含まれていますが熱に弱く、加熱調理で約30%が失われ、コーヒーや酒、糖類でもカリウムは減少します。

夏に大量の汗をかくとカリウムが汗といっしょに失われて、細胞が収縮し筋肉の動きが鈍くなって、夏バテの症状が起こります。

カルシウム

車 買取

Copyright (C) ミネラル紹介サイト All Rights Reserved  プライバシーポリシー | お問合わせ