ミネラル

ミネラル

必須ミネラル

カルシウム(Ca)

カルシウムは体内に最も多く存在しているミネラルで、体重の約2%を占めています。そのうち99%が骨や歯などを構成する成分として利用され、残りの1%は血液や神経、細胞中に存在し、体の健康を維持や精神の安定、筋肉の収縮や血液の凝固作用等の生命活動に様々な働きをしています。

食事で摂取したカルシウムは、まず血液中に吸収され、心筋や筋肉の収縮、血液凝固、ホルモンの細胞や神経伝達物質の情報伝達、酵素反応などに使われ、残った分が骨や歯に蓄えられます。

骨は体の骨格を作っているだけでなくカルシウムを貯蔵する働きがあり、血液中のカルシウム濃度が9~10mg/dlに保つ事が出来ないと、足りないカルシウムは骨から血液中に戻されます。

何もしなくても毎日300~600mgのカルシウムが尿などを通して排出されるので、毎日カルシウムを補わないと慢性的なカルシウム不足になり、骨から血液にカルシウムが奪われるので骨がスカスカになり最終的に骨粗鬆症になってしまいます。

カルシウムとビタミンは深い関わりがあり、日光を浴びて体内で生成されるビタミンDはカルシウムの吸収量を調整し、ビタミンKはカルシウムを骨に取り込ませる助けをします。これらビタミンが不足すると、吸収率の悪いミネラルのカルシウムは効率よく体内へ吸収する事ができません。

カルシウムが不足すると筋肉の痙攣や、慢性的なイライラ等神経の伝達系に影響を与えるので、記憶力の低下なども引き起こされます。カルシウムは必須ミネラルの中でも特に大事な栄養素ですが、一番吸収効率の良いとされる乳製品からも吸収率は50%と低く日本人はカルシウム不足の傾向が強いので、1日の摂取量である700mgをビタミンと共に効率よく摂取しましょう。

クロム

Copyright (C) ミネラル紹介サイト All Rights Reserved  プライバシーポリシー | お問合わせ