ミネラル

ミネラル

必須ミネラル

セリン(Se)

人の発育と生殖に欠かせないミネラルの1つで、セリンは抗酸化作用が強く、細胞膜などに含まれている酸化しやすい不飽和脂肪酸は、酸化すると過酸化脂肪酸となり細胞の老化や動脈硬化を促しますが、セリンはビタミンEと共に過酸化脂肪酸を分解して、組織の老化や動脈硬化を予防する働きがあります。

セリンの抗酸化作用はビタミンEの数100倍とも言われ高い効果が期待されています。

他にもセリンは体の抗酸化力を高めて癌を抑制する効果や、有害金属の毒性を減少させ、抗体産生を促進して免疫機能を強化したり、精子の形成を促して不妊症を改善したり、甲状腺ホルモンの生理活性を高める事で細胞の新陳代謝を高め、子どもの成長を促します。

セリンは魚介類や穀類に多く含まれており、昔から日本人がよく食べているもので不足することはありませんでしたが、近年は食生活の欧米化に伴い、セリン不足の人が増えてきています。

セリンが不足すると体の老化が進行し、体力が衰えて抜け毛やシミやしわが増えます。抗酸化物質が少なくなるので癌や心筋症や動脈硬化などが発病するリスクが増えます。

セリンは1日に約30μgの摂取が望ましいとされていますが、日本人は近年減少傾向にはありますが平均100μg摂取していると言われています。

セリンは毒性が強く、慢性的に過剰摂取すると爪の変形や脱毛、重度の胃腸障害が起こります。必要量と中毒量がほぼ同じ為、安易にサプリメントで補おうとすると逆効果になる可能性があります。

ナトリウム(Na)

Copyright (C) ミネラル紹介サイト All Rights Reserved  プライバシーポリシー | お問合わせ