ミネラル

ミネラル

必須ミネラル

マグネシウム(Mg)

マグネシウムは300種以上の酵素の補酵素として活性化に関わり、エネルギー代謝に必要な多くの酵素の補酵素としても関与しています。

また遺伝子情報を運搬しているmRNAが、細胞内のリボソームに付着するのを助けタンパク質の合成を促進する働きもあります。

マグネシウムはその60%が骨や歯に存在し、骨のハイドロキシアパタイトというリン酸カルシウムでできたエナメル質の構成成分として骨の弾力性を維持する働きもします。

マグネシウムはカルシウムの骨の形成や筋肉の収縮などの働きをサポートし、血圧のバランスをカルシウムは動脈を収縮させる事で血圧を上げ、マグネシウムは動脈を弛緩させる事で血圧を下げて正常な血圧が保っています。

このようにマグネシウムはカルシウムと密接に関係して生命活動を支えていますが、お互いにどちらかが不足すると骨からの溶出により骨量の減少につながる為どちらもバランスよく摂取することが大切です。

代謝に関係する酵素の活性化や、糖のエネルギー変換を促すのでダイエットに効果であるとされ、女性特有の月経前症候群の緩和にも有効と言われている事から、女性が熱心に摂取しますが、マグネシウムはよくアルコールを摂取する人に必要で、アルコールはマグネシウムを尿として排出を促すので意識して摂取しないと、片頭痛になりやすく、またイライラしやすくなります。

マグネシウムは1日300mg必要ですが、豆類に豊富に含まれて玄米であれば一度の食事で必要量が摂取できますが、マグネシウムはカルシウムとのバランスが大切で、マグネシウムとカルシウムが1:2か1:3になるよう意識しましょう。

マンガン

Copyright (C) ミネラル紹介サイト All Rights Reserved  プライバシーポリシー | お問合わせ