ミネラル

ミネラルの基礎知識

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターとは地下水や鉱泉水を源泉としたボトル詰めされた飲料水の総称の事で、ナチュラルミネラルウォーターは沈殿、濾過、加熱殺菌のみを行った物、ミネラルウォーターは複数の源泉を混合してミネラル分の添加をし、加熱以外の殺菌を行ったものと分類されています。

ミネラルウォーターという名称ではあるが、特に含有されるミネラルの量に規定はなく必ずしもミネラルが豊富に含まれている訳ではありません。

ミネラルウォーターは硬度の硬い、柔らかいで表現され、基準は1000ml中にどのくらいのカルシウムとマグネシウムが入っているかで決められており、60mg/1000ml未満のものを軟水、60mg以上120mg未満のものを中硬水、120mg以上180mg未満のものを硬水としています。海外のミネラルウォーターは硬水が多く、日本のミネラルウォーターは軟水がほとんどです。

ミネラルウォーターに一般的に含まれているミネラルは、体液の浸透圧を調節し神経伝達や筋肉収縮に関与するカリウム、日本人に一番不足していると言われ骨や血液に含まれ精神安定や骨の強度に関与するカルシウム、体液の浸透圧や筋肉組織に関与するナトリウム、活動する為のエネルギーを糖分から返還するマグネシウム、またマグネシウムなどのミネラル成分と硫酸基が結合した硫酸塩のサルフェートです。

サルフェートは有毒化合物を排出を促して新陳代謝を高める効果があるとされています。

ミネラルが含まれているからと言ってミネラルウォーターの飲みすぎも体にはよくありません。ミネラルはどれかを過剰に摂取すると他の成分の吸収を妨げるので、適度に飲料して上手にミネラル補給をしましょう。

ミネラルファンデーション(MMU)

Copyright (C) ミネラル紹介サイト All Rights Reserved  プライバシーポリシー | お問合わせ