ミネラル

ミネラル

有害ミネラル

水銀(Hg)

水銀の有害性は水俣病の原因として広く知られています。水銀には無機水銀、有機水銀、金属水銀があり金属水銀はほとんど蓄積されることなく排出されますが、有機、無機水銀は体内に蓄積され、特に有機水銀は水俣病の原因となった水銀です。

水銀は日本の最も蓄積率の高い有害ミネラルで、日本人は100%毛髪に水銀の蓄積が認められています。日本人に水銀蓄積率が高い理由は魚を食べる習慣にあります。

水銀は地球上にありふれている物質ですが、無機水銀であった水銀が微生物等によって有機水銀に代わり、微生物を食べた魚から人間に水銀が蓄積されていきます。特にマグロは水銀を保有している量が多いとされ、妊婦は食べる事を控えるようにされています。

魚以外からも歯科治療によるアマルガムや、汚染された水、一部の薬等から体内に吸収されます。人体に吸収された水銀は、尿や毛髪から少しずつ排出されますが、脳に蓄積したものは排出される事がほとんどありません。

水銀中毒の初期症状は、食欲不振や、めまい、手足の指先の震え、精神不安定や記憶障害が起こり、最近はアトピー性皮膚炎の原因であるとも言われています。

重症化すると全身麻痺や失明、性機能障害などが現れ、特に妊婦が水銀を過剰に摂取すると流産や先天性奇形、染色体異常の子どもが生まれる確率が高まります。

水銀は、セレニウム 、亜鉛 、マグネシウム、カルシウム、ビタミンA、C、Eで排出を促す事ができ、適度な運動により汗をかく事もよいとされていますが、危険であるとされるマグロや金目鯛は週に1度にするなど、蓄積量を抑える事も大切です。

TOP

Copyright (C) ミネラル紹介サイト All Rights Reserved  プライバシーポリシー | お問合わせ